リトアニア便り

RSS
【美しさ】を考える

【美しさ】を考える

Pasakaでソープを扱うようになってから、いろいろな機会に【美しさ】について考えるようになりました。ごく少量ながらも【ソープ】という美容用品を扱うことになり、美容業界にほんの足先を突っ込み、お客様に【美しさ】を提案する立場になったからかもしれません。   もちろん心の美しさ、所作の美しさなど、人の美しさについて考える観点は様々ありますが、今回は、【外見的な美しさ】について頭を駆け巡った想いや考えをお伝えできればと思います。   自分について振り返って考えると、私は人生の大半、つまり10代、20代、そして30代と、自分にない【美しさ】を求めていたように思えます。   10代の頃は特に、世間一般的に可愛いとか美しいとか言われている女性たちと自分を比較して、自分の顔形や肌、髪質や体型について嫌なところばかり目について、鏡を見るたびにため息が出る思いでした。こんな顔は嫌!将来いつか整形したい!髪の毛がくせ毛で最悪!などなど数え切れないほど、嫌に思うことばかりで自分に呪いをかけていたように思います。   10代の終わり頃にはメイクを覚え、ある程度コンプレックスをカバーでき、さらにやり方によっては理想の顔立ちとか雰囲気に近づけると分かったので、20代はいつもメイクをしていました。その変身が【楽しい】と思い込んでいましたが、裏を返せば、自信のなさの裏返しとしてのメイクでもありました。   30代になってくると、今度は老化との戦いです。ある日偶然写真に写った自分の横顔のたるんだ顎を見て愕然!地下鉄の車窓に浮かび上がった自分の顔とシワに驚愕!エレベーターの薄暗い灯の中で見てしまったシミに恐れおののき、思い立って重力やシミとの戦いに勤しんだり、3日坊主になって自分に嫌気がさしたり・・・。   そして40代に入った今、考えるのです。私のこれまでの人生、どれだけの時間を、そしてエネルギーを、自分の外見を否定し、自分でない自分になろうとすることに費やしてきただろうか・・・と。なんて無駄で、本当の意味で自分を大事にしていなかったことか!と。どれほど世間の情報や価値基準に振り回されて生きてきたかと。外見に苛まされている代わりに、もっと楽しいことに時間を使ったり、有意義なことにエネルギーを注ぐことができたのではないかと。   もちろん、自分らしさを求める人生の旅において、自分を心から受け入れ、大事にできないことがあるのは【外見】のみの話に限ったことではありません。ただ外見については、また女性においてはこの傾向が如実にあらわれるのではないかと思うのです。   今思えば若い頃、外見について悩まされているのは私だけではありませんでした。容姿に恵まれていると思うような同級生でも、こちらが驚くほどに外見的な悩みがあり、程度の違いこそあれ、ほぼ女子全員が何らかのコンプレックスを抱えていたように思えます。   立ち返って、自分の物心がつかない日々のことを思い出したり、今、幼い子どもたちを見ると、どれほど自由で伸び伸びしていることでしょう。お姫様やヒーローの衣装を着て、自由になりたいものになりきって。自分が自分でいながら何にだってなれる!そうした子供たちのみなぎるエネルギーと自信が、成長するにつれ、いつの頃からか、程度の差こそあれメディアの掲げる【美しさ】の価値基準に振り回され、人と自分の外見を比較したり、優劣をつけたりし始めるようになったり、体を壊すようなダイエットやいじめにつながってゆくのは、本当に悲しく、残念なことです。   10代、そして20代も本来ならもっともっと、その子本来の良さや力を発揮するためにエネルギーや時間を使うべき時期なのに、そしてもっともっと輝けるはずなのに・・。   時代はめぐり、私の青春時代に比べると様々な価値観や多様性が受け入れられるようになってきていて本当に良かったと思います。ただ反面、まだまだ社会からの直接的なそして暗喩的な【自分じゃない自分になりなさい】メッセージの力は大きいと思います。   【メディア・リテラシー】のない幼い子供たちは周りのメディア、すなわちテレビや雑誌、SNSなどの影響をまともに受けてしまいます。   ただ私たち大人は少なくとも、主要メディアで取り上げられる価値基準は、大抵、一部の大人たちが集まって形作っているものであり(女性の活躍が増えてはいるもののまだまだ現場は男性社会)いびつな偏りがあるということをはっきりと認識していると思います。その上で、その事実をただ傍観してしまうのは、次世代に対する、ある意味、責任放棄なのでは、と思うところがあります。   今、子供たちに、違う美しさについての別の価値観を提示し、子供たちが自分たちを肯定し、自信を持って歩めるような環境を作っていけるのは、私たち大人一人一人でしかないと思います。   でも一体、どうしたら、子どもたちに対して、美しさの違うダイナミクスを示し、豊かな未来に繋がる美しさの価値観を提示して、今の状況を変えてゆけるのか?   一瞬でガラリと状況を変えるのは難しいかもしれません。   ただ、もしも、一人ひとりの大人が、今の自分自身に対して、OKを出して、心から受け入れて心地よく感じているのであれば、それは周りの人たち、子供たちに何だかの形で伝わると思います。   シワとりに必死になる代わりに、自分のそのままを、魅力ある存在として捉え直す。どんな自分にもOKを出してみる。今の自分が最高だよ、と認識する。   周りに自信をなくしている人がいるなら、その人の素晴らしいところについて、もっともっと観察して、思い出させてあげる。  ...

今すぐ読む
Lithuanian summer tea party

Pasaka の始まりのストーリー

「Pasaka」はリトアニア語で「ものがたり」という意味で、2009年の夏にオンラインショップとしてひっそりとスタートしました。 今回は、そんなPasakaがどんな風に始まったか、ということをちょっとご紹介したいと思います。長くなりますが、もしご興味ありましたらお読みいただけると嬉しいです。 オープン当初は「One Story」という店名で、ETNOハーブティー、ミツロウキャンドル、手織りリネンと天然の蜂蜜を少し扱うネットショップとしてのスタートでした。(あれれー?今でもあまり商品種類、増えてないかも?ですね!すみません!催事ではネットショップにないクラフトをいろいろ出していますー。汗 ) Pasakaの商品には、一つ一つににストーリーがあるということで、その商品ができた背景や作り手さんたちのこと、リトアニアやその周辺地域の文化にも触れていただき、日本の方にもお楽しみいただければ、と考えています。 私、店主の鳴海は2004年に初めてリトアニアを訪れ、その後2005年より2年ほどリトアニアに留学しておりました。   当時のリトアニアはEUに加盟してほどなく、現在のリトアニアとはまた違う社会経済状況でしたが、そこでリトアニアの文化や自然、人々の生活に触れ、大きな感銘を受けました。 まず心動かされたのは、手付かずの豊かな自然。針葉樹が広がる大地。透き通る湖があちらこちらに点在し、都会から来た私は頭痛がするほど、空気が綺麗で澄んでいました(笑)。(実際、大都市から来た人たちはリトアニアの田舎の綺麗な空気でそのような現象に見舞われることがあるそうです。空気の構成が違いすぎるとそうなるとのこと)森に入ってきのこやベリーを摘んだり、薪を切り出したり。湖で泳いだり、遊んだり。当時田舎の方では牛や鶏、豚などを飼育している家も割と普通で、バターやソーセージを手作りしたり、毎日しぼりたての牛乳を飲んだりしてしました。自家菜園で野菜や果物を育て、冬に備えてピクルスやジュースを大量に作り、ほぼ自給自足に近い生活を送る人たちも多くいらっしゃいました。ハーブを野原や森で摘んでお茶にしたりスパイスにしたり。養蜂をしている家も多く。。それに家やサマーコテージを自分の手で一から建ててしまう人も珍しくなく。 質素ながらも、自然に溶け込んだ暮らし。 それはソ連の政治体制から余儀なくされた一面でもありながら、大都会で育ち最後に土に触れたのはいつだかすら忘れてしまった私はリトアニアの人たちのオールマイティーさと逞しさに衝撃を受け、尊敬の念を抱いたのです。   それになんといってもそのセンスとクリエイティビティー。 お店で売っている「モノ」の種類は日本に比べてとても少ないのですが、その分、自分たちで作り出す、生み出す、その素晴らしさ。それは手作りの工芸品などによく表現されており、お祭りのたびに、そういう品物との出会いに心が躍りました。 どこを見ても絵になる美しい自然に囲まれてインスピレーションに事欠かない環境。幼い頃から色彩感覚が育まれ、風の音や植物が運ぶ季節の香りにも敏感で、何かを作ったり、生み出すのも日常の一部になっているという背景があるからでしょう。初夏には森で色とりどりの小花を摘んで冠にして遊ぶ、夏には湖に飛び込んだり、ベリーを摘んだり。秋にはキノコを探し、いろとりどりの落ち葉を集めて花瓶に生ける。銀世界に染まる冬はそり滑り。そんなふうに子供時代を過ごしたのなら、想像に難くないはずです。リトアニアの人たちの感性や創造力はリトアニアの、そして世界の財産だと思います。 留学から帰国し、ひっそりとお店を始めた後も、またリトアニアに長く暮らす機会がありました。 そこでもリトアニアで素晴らしい友人たちを得、様々な場所を訪れたり、楽しい時間を過ごしたり、良い経験をさせていただいたり…。試練も含めて非常に多くの学びを得ることができました。いろんなお話を少しづつご紹介できればと思っています。 リトアニアとの出会いは私の人生の財産として、これからも大切にしたいと思いますし、その魅力を何らかの形で、これからも、たとえ細々とでもご紹介してゆくことができればと思っています。 ありがとう、リトアニア!ありがとうリトアニアのみなさん! おおらかに笑ったり、楽しく歌ったり、踊ったり、思いのままに怒ったり、涙したり、興味がないと無表情を貫く、、そんな皆さんが大好きです!        

今すぐ読む
11月の平日限定!ミッドタウン日比谷のオフィス棟9階にて催事出店中です!

11月の平日限定!ミッドタウン日比谷のオフィス棟9階にて催事出店中です!

こんにちは!いつもご愛顧ありがとうございます。今回ご縁がありまして11月中の平日に東京ミッドタウン日比谷のオフィスタワー9階にて催事出店させていただいております。オフィスタワーはミッドタウン1階の奥より、日比谷三井タワーという名前のビルとなっておりまして、9階まで上がる専用のエレベーターがございます。エレベーターをおりますと、受付が見えてまいりますが、受付の必要なく、そのまま右手にお進みくださいませ。奥の方右側にセブンイレブンが見えますので、その前が、催事出店会場となります。   期間:11月5日から11月29日(金)の平日限定 時間:11時ごろより19時ごろまで(時折ですが、店主一人が店番の日は、お昼の休憩14時ごろにいただいております。) 毎年完売御礼の生はちみつ、100%ナッツで作ったピーナツバターやアーモンドバター、老舗のハーブティーなど、美味しくて元気が出るフードやドリンクをご紹介中です! そのほか、リトアニアの素敵で心温まるクラフト、ミツロウキャンドル、オーガニックのハーブクリームソープ、ラムウールの上質なブランケット、フォーマルにもカジュアルにも使い勝手の良い琥珀ジュエリーなど、クオリティの高い、オンリーワンなギフトを数多く取り揃えております。ぜひクリスマスのギフトにご利用くださいませ。   催事期間中のみ、5000円以上のお買い上げ(税抜き)にて10%割引サービスもさせて頂いておりますので、この機会をお見逃しなく! 皆様のご来店、お待ちしております。

今すぐ読む